韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野田首相は国連で「慰安婦いなかった」と訴えてみよ


 日本の野田首相は最近、第2次大戦の際に日本が強制的に動員した「性奴隷(日本軍慰安婦)」問題について「強制的に連行されたという事実は文書で確認されなかった」と発言した。松原仁・国家公安委員長は1993年の「河野談話」の見直しについて議論すべき、と述べた。河野談話は「日本軍の要請により慰安所が設置され、慰安所の設置、管理および慰安婦の移送に日本軍が直接・間接的に関与した」と認めている。

 日本は自分たちが侵略した韓国、中国、台湾、フィリピンの女性を強制的に戦場に連れ出し、日本軍の性のはけ口としてじゅうりんした。この性奴隷問題では被害者たちが日本に謝罪を求め、今なお日本の態度を見守っている。日本による犯罪行為について証言する人の中には、インドネシアに居住していた時に日本軍にさらわれ、性奴隷となったオランダ人女性も含まれている。被害者となった女性たちは70年前、集落から強制的に誘拐され、あるいはだまされたその瞬間を、今でも昨日のことのように記憶している。90歳近くなった女性たちの中には、日本が自分たちの罪を自白、謝罪し、賠償するまでは絶対に死ねないと主張する人が多い。そのような意味でも、日本が侵略した国の女性を「性のはけ口」としたこの反人倫的犯罪は、歴史や過去の問題ではなく現在の問題だ。

 日本は1940年代に自分たちが犯した罪を、93年の河野談話で認めるまで50年かかった。ところが国の指導者とされる政治家が、河野談話からわずか20年で「自分たちの発言を見直す」と述べ「談話の廃止」まで主張し始めた。つまり、かつて侵略の先頭に立ち、後にその事実を美化した集団が口裏を合わせているというのが、現在の日本の状況だ。

 また「河野談話」も、日本が自分たちの罪を自ら反省して出たものではなかった。1940年代に慰安婦強制連行から逃れるため、山奥に逃げた経験のある尹貞玉(ユン・ジョンオク)元梨花女子大学教授をはじめとする韓国の研究者らが、韓国だけでなく日本軍の犯行現場である東南アジア各国を直接回って犯罪の証拠を集め、世界の世論を動かして日本を追及し、それによって勝ち取ったのが河野談話だ。少数ではあるが、良心的な日本人研究者もこの運動を支援し、ついに日本政府はシラを切ることができなくなったのだ。

 しかし河野談話が発表された後も、日本の歴代政権は性奴隷問題について謝罪や賠償は行わず、さまざまな理由を持ち出して責任を回避してきた。2000年には世界の女性研究者や社会活動家、市民団体などが東京に集まり、日本による性奴隷強制連行を審判する「女性国際戦犯法廷」を開催した。この法廷には1993年のユーゴ戦犯裁判で裁判長を務めたガブリエル・マクドナルド氏など、国際法の専門家も参加した。裁判部は審理を終えた直後「日本は自分たちが批准した人身売買禁止条約や国際労働機関条約に違反し、昭和天皇も慰安所の設置や運営などについて知っていた」とした上で、彼らに有罪を宣告した。

 実際に日本軍が性奴隷を強制的に連行した犯罪記録は、第2次大戦で反人倫戦争犯罪を犯した日本人を処罰するため、1946年に開催された東京国際戦犯裁判にも提出されていた。当時オランダは「日本がインドネシアを占領した際、海軍慰安所を設置し、日本の特別警察隊は街頭で女性を誘拐して強制的に慰安所に連れ込んだ」とする日本軍の証言資料を提出した。裁判に参加した中国も「日本軍は中国の桂林で女工を募集するとして婦女子をだまし、軍で醜悪な行為を強要した」と暴露した。

 1992年には日本の中央大学の吉見義明教授が『軍慰安所従業婦等募集に関する件』(1938年、陸軍省作成)を公表した。これには日本軍が慰安婦を募集する際、誘拐と同じような方法を取っていたとの内容が記載されている。さらにこれを裏付ける日本人の証言も相次いでいる。1942年から3年間、山口県労務報国会動員部長を務めた吉田清次は「朝鮮人女性を慰安婦として動員した」「1943年5月17日、下関を出発して済州島に到着し、女性狩りを行った」と証言している。吉田は「慰安婦に関する件は全て軍事機密に分類されていた」とも述べた。

 世界が一つになろうとしている今、日本による性奴隷強制連行犯罪は、すでに現代史の最も醜悪な歴史的事実として公認されている。米下院や欧州議会は2007年、「日本は若い女性を日本軍の性的奴隷として利用するため、公式的に徴用した」と糾弾した。オランダ議会は「日本は強制的な性売買に日本軍が関与したことについて、全面的な責任を負うべきだ」とする決議を採択している。

 国連では性奴隷犯罪に対する日本の責任を追及する報告書が、すでに10回以上提出されている。日本による性奴隷犯罪を取り扱った国連人権理事会女性暴力特別報告官報告書は1996年と2003年に提出され、人権小委員会のマクドゥーガル戦時性奴隷制特別報告者も、1998年に日本の謝罪を求める報告書を提出した。国連女性差別撤廃委員会は1994年以降4回にわたり日本に性奴隷の責任を追及しており、拷問防止委員会は2007年、市民的・政治的権利委員会は08年に、日本に対して性奴隷の責任を認めることと謝罪を要求している。

 野田首相は日本による犯罪を証言、記録、追及、審判してきた世界の動きに対抗する自信があるのであれば、今年の国連総会に出席し「第2次大戦当時、日本軍には性奴隷などいなかった」と演説してほしい。それによって拍手が起こるのか、あるいは非難の声が出るのか実際に体験し、その結果を日本国民に率直に報告すべきだ。
野田首相は国連で「慰安婦いなかった」と訴えてみよ
慰安婦がいたかどうかで言えば、それは居たでしょうね
ですが、韓国が言うように強制動員はあり得ません
売春婦を金で雇い使っていただけです
現在でも世界有数の売春産業がある韓国だからこそ、それだけ売春婦がいたという事なのではないでしょうか


野田首相は国連で「慰安婦いなかった」と訴えてみよ

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2012/09/02(日) 16:20:37|
  2. 反日
  3. | トラックバック:0
<<日本の右傾化にブレーキなし | ホーム | 15才の少女が日本の憲兵に引きずられて行く間ママは…暴力と脅迫、多様な強制動員方法>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1030-b538cd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。