韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本サッカー協会も声を上げよ


 まるで嵐に巻き込まれたような17日間だった。過去最多38個のメダルを獲得したロンドン五輪。現地で取材活動に当たった記者だけでなく、日本に残った運動部員も号外やネット速報も含め、24時間態勢で対応に当たった。そんな熱にうかされたような日々が終わって1カ月。喉もと過ぎれば何とかで、徐々に平穏さを取り戻しつつある。それでも、忘れてはいけない問題もある。

 サッカー男子3位決定戦で日本に勝利した韓国選手が韓国語で「独島(竹島)はわれわれの領土」とのメッセージボードを掲げた問題だ。政治的な宣伝活動による五輪憲章違反。国際サッカー連盟(FIFA)は規律委員会で処分を検討しているが、10月に聴聞会を開き、処分を決めるという。どんな処分が下されるのか、注意深く見守っていきたい。

 残念ながら、韓国側からはいまだに“反省”の声は聞こえてこない。「政治的意図のない偶発的な行為」として同情的ですらある。おとがめなしどころか、現に、この選手はフル代表にまで選出された。韓国サッカー協会が日本サッカー協会に謝罪文を送ったかと思えば、あれは謝罪ではない、と言い繕う始末である。

 まあ、韓国のことはしようがない。肝心の日本協会も公式にこの件に関して、遺憾と言う以外、批判するメッセージを発していない。それどころか、韓国協会に「両協会は友好関係を築いており、これからも関係を発展させていきたい」とする書面まで送った。さらに日本で開催されていたU-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)でスタンドへ旭日旗の持ち込みを認めるか否かで混乱させた。日本協会(組織委員会)が過剰なまでに韓国などに配慮したのが原因だった。

 ちょうど10年前の2002年、日韓で共同開催されたW杯でのこと。韓国内で取材に当たったが、日本の試合では韓国の人たちは相手チームを応援し、日本がゴールを奪われると拍手し、日本がゴールすると、ため息。周囲に日本人がいようがおかまいなしだ。共同開催による形ばかりの日韓友好なんて白々しいと思ったものだ。

 今回、メッセージボードは世界中が注目する五輪の舞台、しかも、日本がかかわった試合で韓国を代表する選手によって掲げられた。その事実は重い。必要な時は、声を出してモノを申すべきだ。それで壊れる友好関係など、それだけのものでしかない。
サッカー協会も声を上げよ
韓国は「独島(竹島)はわれわれの領土」とのメッセージボードを掲げた問題で謝罪も反省も防止策もとっていません
それどころか、日本の旭日旗を引き合いに出し、日本が罰せられるべきだと騒いでいます
旭日旗には何に問題もないのに韓国人が自分達を正当化するためだけに騒ぎを起こしているのです


日本サッカー協会も声を上げよ

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2012/09/13(木) 10:59:33|
  2. 反日
  3. | トラックバック:0
<<韓国議員68人、旭日旗使用禁止決議案を発議 | ホーム | 対日取引企業の12%が韓日対立で被害=大韓商議所>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1153-258a0d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。