韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

首都圏の水道水から悪臭、原因は藻の大発生


 北漢江水系で藻が大量に発生し、2000万人の首都圏住民が使用する水道水が汚染されている。植物性プランクトンの一種である藻類が過度に繁殖すると、水中の酸素が枯渇して生態系が破壊され、水道水の安全性にも影響を及ぼす。

 先月中旬から20日ほど続いている藻の大量発生により、水道水の浄水処理が十分に行われず、住民からは「水道水から下水溝のにおいがする」「水が渋い」といったクレームが殺到している。7日までに自治体に寄せられたクレームは、ソウルの307件を含め、首都圏で1519件に達した。京畿道は12月に入りやや落ち着きを見せているが、ソウル市は今でも1日30件ほどのクレームが寄せられている。

 環境当局の調査により、今回の現象を引き起こした藻類の大半は、体内に入ると肝臓・神経毒性を誘発する可能性もある藍藻類であることが明らかになった。これを受け、環境部(省に相当)は8日、ソウル市や韓国水資源公社などに対し、水道水への毒性物質の混入有無について緊急調査するよう指示した。

 ソウル市によると、7日現在、市民が使用する水道水の供給源となる浄水場6カ所(広岩、九宜、トゥット、永登浦、岩寺、江北)のうち、広岩・永登浦浄水場を除く4カ所で、悪臭の原因となるゲオスミンが環境勧告基準(20 ppt以下=1ppt は1兆分の1)を最大で2.7倍超過していたことが明らかになった。

 環境部は9日、首都圏住民に対して水道水を1-3分ほど沸騰させて飲むことなどを盛り込んだ臨時ガイドラインを発表する予定だ。
首都圏の水道水から悪臭、原因は藻の大発生
韓国って水もまともに作れないの?


首都圏の水道水から悪臭、原因は藻の大発生

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2011/12/09(金) 17:55:57|
  2. 食の安全
  3. | トラックバック:0
<<ソウルの下水道料金 47%引き上げへ | ホーム | 医原性ロイツフェルト・ヤコブ病、韓国で2人目の患者を確認>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/142-7936fc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。