韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーG-DRAGON、CNBLUE、VIBEの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載される


韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーG-DRAGON、CNBLUE、VIBEの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載される
韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーG-DRAGON、CNBLUE、VIBEの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載される

韓国の男性ヴォーカルグループ「BIGBANG」が、思わぬ形で韓国の音楽教科書に紹介されたようです。

とある韓国インターネットユーザーによると、グループのリーダーG-DRAGON(ジヨン)の楽曲が、盗作の代表例として高校2年生の音楽教科書に載っているという。これには韓国ネットユーザーも驚いたようです。
 
教科書に掲載されているのは、G-DRAGONの2009年の楽曲『バタフライ(butterfly)』。これが、英国ロックバンド「oasis」の1995年の楽曲『シーズ エレクトリック(She’s Electric )』と比較され、メロディー進行が類似する例として紹介されているのです。

教科書には二曲の楽譜まで掲載され、韓国ネット上では「盗作の代表例」と揶揄されています。実は『バタフライ』は、発売当初からこの問題が指摘されていました。まさかそれが教科書に載ることになるとは、誰も予想していなかったようです。

ちなみにこの教科書には、G-DRAGONだけでなく韓国のバンド「CNBLUE」と歌手「VIBE」の盗作についても、紹介されているとのことです。音楽に限らず、韓国のパクリ問題が度々取り沙汰されていますが、この問題が終わりを迎える日はくるのでしょうか?


韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載される!
家電や自動車では飽き足らず、歌までパクる韓国人
彼らに何かを0から生み出すということはできないのでしょうか


韓国人気グループ『BIGBANG』メンバーG-DRAGON、CNBLUE、VIBEの楽曲が「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載される

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2013/02/24(日) 15:48:30|
  2. 韓流・K-POP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北朝鮮軍 米韓軍事演習に警告 | ホーム | 韓国の日本大使館前で韓国人が日本政府に抗議するため切腹 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1543-26c77d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。