韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「竹島の日」に反発、約半数が日本製品の不買運動に賛成=韓国


 韓国の世論調査機関・モノリサーチによると、韓国国民1124人を対象に日本製品の不買運動の賛否を尋ねたところ、47.0%が 「日本の右傾化に対応するために賛成する」と答えた。複数の韓国メディアが報じた。

  調査は、19歳以上の韓国国民1124人を対象に、性別、年齢別、地域別の人口比例に基づいてランダムに電話をかける電話RDD方式で2月27日に実施した。

  韓国メディアは、「国民の47%が、日本製品の不買運動に賛成」、「日本製品の不買運動、賛成が47.0%」などの見出しで伝えた。

  日本製品の不買運動に賛成する意見は、40代(51.7%)や、南東部の慶南圏(50.5%)、事務管理職(55.3%)に多く、反対意見は30代(40.4%)とソウル圏(47.2%)、自営業(42.4%)が比較的多かった。また、「必要以上の感情対立になるので、反対する」との回答は37.8%、「よく分からない」は15.2%だった。

  日本製品の不買運動は、日本の「竹島の日」への抗議として、3月1日から開始される。路地商圏を生かす消費者連盟が主導し、80カ所の職能団体、60カ所の小商工人・自営業団体、市民団体などが参加する。これらの団体の会員数は600万人にのぼり、過去最大規模となる。同団体は、「日本が反省し、竹島の侵奪行為を中断するまで、日本製品の不買運動を続ける」としている。

  韓国メディアは、この運動のきっかけは、日本政府の同調下で「竹島の日」行事が行われるなど、日本が竹島侵奪の野心を強化しているからだと説明。

  一方、調査を行ったモノリサーチは、「日本の安倍政権の右傾化の動きが一線を超えているという見方が強まっており、東アジア情勢が緊張局面に突入し、民間レベルの抵抗が大きくなっている。不買運動の賛成意見が約半数に達しており、極限対立への懸念もみられる」と解説した。
「竹島の日」に反発、約半数が日本製品の不買運動に賛成=韓国
韓国人は韓国が実質的な日本製品の組み立て工場だということを理解していないのでしょうか
工場で稼働する機械も電化製品や自動車などの部品も日本製の部品が多く、日本製品を排除すれば形だけの韓国製品は製造できなくなります
日本は日米貿易摩擦が発生した際に、日本製の部品や製造機械を韓国などに輸出し、製造国名から日本を消すことで、貿易額を減少させずに摩擦を回避しました
この状態は今でも続いているのですが、韓国人には理解できていないようですね


「竹島の日」に反発、約半数が日本製品の不買運動に賛成=韓国

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2013/03/14(木) 20:59:06|
  2. 反日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中韓代表、追悼式出席せず=台湾処遇に北京反発【震災2年】 | ホーム | 日本、過去を直視して責任ある行動を=韓国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1559-72af51c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。