韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国情院職員が北朝鮮に機密を漏えいか


 日本で情報収集活動を行ってきた国家情報院の職員が、8件の機密を漏えいしたとして解任されたことが分かった。国情院によると、これらの機密の一部は北朝鮮の情報要員の手に渡っていたという。

 国情院は在日本朝鮮人総連合会(以下、朝鮮総連)の組織を崩壊させるため、2009年6月から在日韓国大使館に国情院海外情報官4級のC氏を派遣した。ところがC氏は09年10月から11年2月にかけて、日本のメディア関係者や市民団体に機密を漏えいしたとして摘発された。

 C氏は2009年10月に日本の海上保安庁調査官E氏に会い「中井洽国家公安委員長に会う」「ファン・ジャンヨプ氏が12月ごろ日本にやって来る予定」などの情報を漏らした。

 国情院の調べによると、これらの情報は日本の民放テレビ記者を通じ、マレーシア駐在の北朝鮮偵察総局所属の工作員に伝えられたという。偵察総局はファン・ジャンヨプ氏の暗殺や、哨戒艦「天安」爆沈を行った北朝鮮の対南工作機関だ。

 国情院によると、C氏は2010年7月にも日本の日刊紙記者A氏に「(金賢姫〈キム・ヒョンヒ〉元死刑囚の訪日をめぐり)中井委員長が田口八重子さん(北朝鮮拉致被害者)の生存情報を伝えた」と述べ、さらに11年2月には「日本の外相が外務省の担当者をコンゴに派遣し、現地で北朝鮮の担当者と接触させた」などと語ったという。国情院はこれらの情報も北朝鮮のスパイに伝わったとにらんでいる。田口八重子さんは1978年に北朝鮮に拉致され、81年から2年間、金賢姫元死刑囚に日本語を教えたとされている。

 2010年10月に北朝鮮が延坪島を砲撃した際、C氏はテレビ朝日のC記者と電話や携帯メールなどで「北朝鮮は軍事施設を狙ったと思う。ただし性能がよくなかったため、命中はしなかった」と述べた。この内容も北朝鮮スパイに伝えられたことが分かっている。

 国情院はC氏と親しい日本人記者A氏が随時、北朝鮮工作員に情報を伝えていた事実を把握し、直後からC氏に対する調査を行っていたという。

 これら一連の事実は、C氏が解任を不服とし、5日にソウル行政裁判所に解任無効の訴えを起こしたことで明らかになった。国情院は昨年6月にC氏を解任し、C氏の直属の上司など3人も、国情院長名義の警告処分を受けていた。

 これに対してC氏は「北朝鮮工作員に流れた情報は事実上、機密とはいえないもので、また通常の情報収集活動で出どころが隠されたものが北朝鮮に渡ったという理由だけで解任するのは不当」「国情院は懲戒処分について事前に通知してこなかった。これは正式な手続きに反しているため、懲戒権の乱用に当たる」などと主張している。
国情院職員が北朝鮮に機密を漏えいか


国情院職員が北朝鮮に機密を漏えいか

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2012/02/08(水) 12:04:50|
  2. 北朝鮮関連
  3. | トラックバック:0
<<"韓流ブーム"でも文化産業の輸入が大幅に増加 | ホーム | 北朝鮮 麻薬を韓国で売りさばく>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/295-7db191d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。