韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車内の化学物質、現代・起亜自が有害性トップ


 米環境研究機関のエコロジー・センターが自動車の車内に存在する化学物質の有害性について調べたところ、メーカー15社のうち現代・起亜自動車が最も有害性が高いという結果が出た。同機関はミシガン州にある非営利の研究機関で、毎年調査を実施している。

 同機関はこのほど、2011年、12年モデルの新車204台の車内の化学物質、素材に使用された化学物質などを分析した。その結果、車内の有害物質が最も少なかったメーカーはホンダだった。以下、2-5位はスズキ、日産、フォルクスワーゲン、トヨタ、6-10位はフォード、ゼネラルモーターズ(GM)、BMW、スバル、ボルボと続き、11-15位はサーブ、ベンツ、クライスラー、三菱、現代・起亜自の順となった。現代・起亜自は米国での販売台数を急速に伸ばしている一方で、環境問題への配慮という新たな課題が浮かび上がった。

 有害化学物質は、車内のプラスチック、織物、皮革などの加工過程で発生する。発火性を抑える難燃剤、ベンゼン、トルエンなどの揮発性有機化合物は、頭痛や成長障害、ホルモン障害などを誘発する危険性があるとされる。

 韓国国土海洋部(省に相当)も昨年8月、韓国で販売されている乗用車の車内空気を分析した結果、起亜自のモーニング、現代自のベロスター、韓国GMのオーランド、アルフェオンなどの車種で改善が必要だとする結果を発表していた。
車内の化学物質、現代・起亜自が有害性トップ


車内の化学物質、現代・起亜自が有害性トップ

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2012/07/12(木) 09:37:14|
  2. 原子力・環境汚染
  3. | トラックバック:0
<<韓国国内の暴力発生件数、日本の12倍以上「はるかに高い」 | ホーム | 三菱重工との協議決裂 元挺身隊、強制労働問題>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/554-b791d55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。