韓国ニュースウォッチ

韓国発の気になるニュースを紹介していきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ののしり言葉」を乱用する韓国の小学生


高校2年生のA君(17)は、最近モバイルメッセンジャー、カカオトークのグループチャットで友人たちと日常的にののしり言葉が混じった会話をしている。参加している8人全員が親しい友人で、「バスに乗った」という趣旨の会話をしながら、休む間もなく、悪口やののしり言葉にあふれたメッセージをやり取りした。A君は「登校してすぐ隣の友達に『このバカ野郎、昨日徹夜したのか』と、朝のあいさつ代わりに声を掛ける。友人が悪口・暴言やののしり言葉で会話をしているときに、同じように返さなければ、雰囲気が壊れるため(悪口・ののしり言葉などを)使わないわけにはいかない」と話した。

 中学1年の女子生徒Bさん(13)が同級生とやり取りする携帯メールでも、悪口やののしり言葉は容易に目につく。貸したものを返してほしいというBさんの言葉に、同級生の友人からのメッセージには「バカな○○、びっくりしたんだろう? ○○が明日ソンピョン(餅)を作ってくるらしいから食べさせてやるよ。ぼろ布みたいな○○、おとなしくしてな」と、暴言があふれていた。このメッセージに傷ついたというBさんは「両親に話せば心配すると思い、話すこともできないし、先生は全く関心がない」と話した。

 「悪口・ののしり言葉の日常化」は小学生も例外ではない。最近、小学校5年生のC君(11)は、カカオトークで他のクラスの児童とけんかになり、ののしり言葉が含まれるメッセージをおくった。小学校のチェ教諭(48)は「児童たちは、悪口やののしり言葉をやり取りすることを『けんかを飛ばす』と表現する」と話した。大邱地域の小学校4年生、D君(10)は、友人たちと話をしながら、何気なくののしり言葉を交える。この学校で教育実習を実施したイムさん(29)は「最近は小学校3年生にもなると、特に険悪な状況でなくても、冗談半分でののしり言葉を使うようだ」と話した。
「ののしり言葉」を乱用する韓国の小学生


「ののしり言葉」を乱用する韓国の小学生

※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2012/08/27(月) 15:15:44|
  2. 韓国の評価
  3. | トラックバック:0
<<「独島周辺の海洋や海底資源、韓日が共有を」 | ホーム | 韓国政府「甚だ遺憾」 日本衆院決議の撤回促す>>

トラックバック

トラックバック URL
http://koreanewswatch.blog.fc2.com/tb.php/964-1c5fa806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹島問題については
こちらからどうぞ
(外部リンク)
※韓国は竹島不法占拠時に日本人を4000人近く殺傷しています。

Author:koreanewswatch

日本国内のメディアが扱わないニュースを取り上げていきます

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
性犯罪 (85)
事件 (51)
韓流・K-POP (49)
食の安全 (26)
感染症 (6)
経済 (80)
原子力・環境汚染 (21)
韓国の評価 (277)
北朝鮮関連 (49)
中国関連 (7)
日本国内 (136)
反日 (772)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

キーワード:韓国、韓国 ニュース、韓国 news、韓国 事件、韓国 犯罪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。